ローカロ雑炊でダイエット

瘠せる食事と食事回数

痩せる食事とは

日々の食事を一から見直すことで、痩せることが可能だとされています。
痩せるためには食事の内容を見直すべきだと考えつつも、食事の準備やカロリー計算に時間を使えない方も少なくありません。
 
毎日の食事で摂取している栄養素を把握し調節するのは難しいですが、太りすぎない食事を心がけていきたいものです。
糖質や脂質の量が多くなりすぎないように意識するだけでも、痩せる効果がある食事をとることができます。
 
脂肪は、揚げ物など油料理や脂身部分が多い肉類などに多く含まれます。日中の活動や生命維持で使うカロリーを越えたカロリー摂取をすると、多すぎた分は体脂肪に回されます。
 
太る食事の理由の一つに糖質があります。
イメージでは、フルーツやデザートなど甘いものに多いと思われがちです。意外と糖質が多いものに、芋類や米類、パンなどがあります。食事を改善して痩せるのであれば、糖質を含む食事に関しても気を使う必要があります。
 
脂質だけでなく、糖質を多く取り入れると体脂肪が増加する理由は何でしょう。
でんぷんが多量に含有されているので、糖は体内で脂肪になるという性質を持っています。食事から脂質を減らした場合でも、糖質が多ければ体脂肪が増加する原因は取り除いたことになりません。
食事改善によって痩せるのなら、糖質と脂質の少ない食材や料理法を選択することが大事です。
 

痩せる食事と食事回数

食事改善によって痩せるには、食事回数ごとの量にも気をつけましょう。
よく痩せる為に朝食を抜くと言う人がいます。痩せる為にはかえって逆効果となる食事の方法といえます。食事回数を減らすことでカロリー制限を試みる方もいますが、お腹が空いてつい一回の食事量が増えてしまいがちです。
 
カロリー摂取が長時間途絶えると、飢餓状態に陥った身体は代謝を落としてエネルギーを節約します。栄養をあまさず体に取り込もうとするため、脂肪が燃焼しづらくなり、体重を減らしづらくなってしまいます。
 
痩せるためにと、食事の回数を減らしてカロリー量を少なくすることは逆効果です。
3度の食事をしっかり食べることの方が、結果的に痩せる食事ができるようになるといいます。1日3回の食事を、バランスよく腹8分目に食べれば十分に効果的なのです。
 
食事はよく噛むことで、物足りなさを感じず十分な量の食事が可能です。たくさん食べないと満足しない人は、あまり噛んでいない可能性があります。
噛むことで満腹感が得やすくなります。
 
カロリーが高くなりそうな食事を控えることはもちろんです。
野菜類など歯ごたえのあって低カロリーな食材を使い、食べすぎに注意してよく噛んで食べることで、食事での痩せる効果があるようです。
 

い ち 押 し !
ローカロぞうすい 和の極みシリーズ

ラインナップは、・緑黄色野菜と玉子のぞうすい・紅ズワイガニと玉子のぞうすい・ほたてと玉子のぞうすい・紀州梅入り海藻七草のぞうすい・鶏団子と野菜の塩ちゃんこ風ぞうすい・焼きたらこの旨味だしぞうすい
特に男には和風が似合います。美味しくて、お湯を注いで1分待つだけ。カップ麺時代の独身男性や帰宅時間のまちまちな働き盛りの男性にはもってこいのダイエット食品ですね。もちろん、女性にも!!