ローカロ雑炊でダイエット

減量中におすすめの食事

痩せる食事とたんぱく質

痩せる食事を考える時、忘れてならないのがたんぱく質です。
よくダイエットを始めたのに、なかなか痩せないという人がいます。食事の量を減らしたことで、体がエネルギー消費を抑えて生命維持を図ろうとするようになり、結果的に脂肪が燃えにくい体質になっている場合があります。
 
省エネ状態になった体は、1日につき消費しなければならない基礎代謝を減らします。基礎代謝を減らすことで、食事が少なくなっても生き延びようとするのです。
摂取したカロリーをゆっくりと消費する低消費モードになってしまいます。

 
取り込まれた新たなエネルギーは最大限吸収し、脂肪として取り込んでおこうとします。
食事を減らしたことがきっかけでカロリー吸収率を高め、消費率が低下するため、体重が増えやすく、減らしづらい体質になってしまいます。
 
食事からたんぱく質を摂取することが、体質改善では重要です。
痩せる食事をするには、量を少なくするのではなく、筋トレと組み合わせて基礎代謝が下がらない工夫をすることが大事です。筋力をつけることで、基礎代謝が上がり痩せやすい体になります。
 
筋力をつける為にも、食事内容に気を配ってたんぱく質を摂取することが必要不可欠になります。痩せる食事を意識しすぎると、肉抜き、油抜きなどの食事メニューにしようと思う人もいるかも知れません。
食事だけで痩せるのではなく、たんぱく質を摂取し運動をして筋肉をつけることが、健康的なダイエットのコツです。
 

減量中におすすめの食事

どんな食事をすれば、減量がうまくいくものでしょうか。
カロリー摂取量を少なくしながらも、栄養バランスが取れていることが減量中の食事では大事です。
 
食事内容が問題なければ、自然と体重は減っていきます。
減量中の食事は、低脂肪で高タンパクになるよう、大豆や鶏肉を意識して摂取しましょう。炒め物や揚げ物は避け、蒸し物や煮物を多く使うことで、油の使用量を控えた料理をすることができます。
 
減量にはビタミン類の摂取もとても重要です。
ビタミンを確保するには緑黄色野菜が適しています。食物繊維の多い野菜なら、お通じを改善する作用もあります。
 
カロリーが低い食品の中には、比較的満腹感を出してくれるものもあります。減量中には、食事にも積極的に活用していきましょう。
米やパンなど炭水化物を摂取しないことで糖質を減らし、カロリー制限をしようとする人もいますが、健康的な減量をするならば一定量の炭水化物は必要です。炭水化物を摂るときには、量に気をつけてできればパンよりご飯を食べるようにしましょう。
 
減量をしている時に何を食べるべきかわからないという場合は、ローカロ雑炊のような市販のダイエット食品を利用するのもいい方法です。
レトルトやインスタントのダイエット食品はたくさんあります。電子レンジや湯せんで温めたり、お湯を注ぐだけでできるローカロ雑炊のような市販のダイエット食品は、手軽に減量ができて時間も手間も取らないという点で優れています。
 

い ち 押 し !
ローカロぞうすい 和の極みシリーズ

ラインナップは、・緑黄色野菜と玉子のぞうすい・紅ズワイガニと玉子のぞうすい・ほたてと玉子のぞうすい・紀州梅入り海藻七草のぞうすい・鶏団子と野菜の塩ちゃんこ風ぞうすい・焼きたらこの旨味だしぞうすい
特に男には和風が似合います。美味しくて、お湯を注いで1分待つだけ。カップ麺時代の独身男性や帰宅時間のまちまちな働き盛りの男性にはもってこいのダイエット食品ですね。もちろん、女性にも!!