ローカロ雑炊でダイエット

ダイエット日記をつけて瘠せる

日記をつけてダイエット

最近、ダイエット日記をつけることで痩せるという方法が人気のようですね。
ダイエット効率を高めるために、ダイエットの日記をつけるというものです。どんなものを食べたか、体を動かすことをしたかを日記に残すというダイエット方法ですが、ダイエットの自覚を促す効果があります。

食事をする女性毎日日記をつけることで、その日に摂取したカロリー量を知ることができるようになります。
日記を見返すことで、カロリー摂取量が多ければそれだけ体重に反映されやすいということが認識できるでしょう。
毎日ダイエットの状況を記録することによって、何が要因で体重が増えているかを理解することができるのです。

しかし、ダイエット日記を残そうと思っても、長続きさせることが難しいという人もいるようです。
ダイエットを長く続けることが難しかったという人は、ダイエット情報サイトで互いに頑張りあえる仲間を見つけるのもいい方法です。
ダイエット日記をブログ形式でつけることで、不特定多数の人にダイエットの進行状況を見てもらっている人もいます。
ダイエット日記を長く続けられるように、いろいろな取り組みをするといいでしょう。

ダイエット成功以外にも、日記をつける利点が存在しています。
日々の食事メニューや、生活の状況を、ダイエット日記をきっかけで見直すこともできます。ダイエット日記をつけることで、痩身にも健康にもいい日々を目指しましょう。

 

ダイエット日記をつけるメリット

毎日ダイエットを目的とした日記をつけているという人が以外と多いようです。
今日は何を食べたか、どんな運動をしたかを日々記録するというものですが、ダイエット日記とはどんなことを記録するものなのでしょうか。

メタボな男性ダイエットができない人は、つまみ食いが癖になっているというパターンがあります。毎日ダイエット日記を書くことで、いつの間にかのつまみ食いが予防できるようです。
飴やガムのようなちょっとしたお菓子から、ジュースやコーヒーなどでトータルのカロリー摂取量が増加します。
一日のうちで摂取するものはさほど多くないと思っていても、記録に残すことによって意外とたくさん食べていることに気づいたりします。

何を食べたかを日記に書き残すことによって、食欲が抑えられるという効果もあります。
食習慣のチェックも日記によってわかり、油脂や糖分の摂取量は多すぎないか、野菜や果物は足りているかなどが一目瞭然になります。
運動量が不足していないかどうかも、日記によってわかります。筋肉を刺激していないこと、歩いて移動する機会が少ないことなどが日記をつけると丸わかりです。

日記を書くことで、睡眠時間のチェックや体調管理もできるという利点もあります。
モチベーションを維持するだけでなく、ダイエットに必要なことは何かを知るために、ダイエット日記は役に立ちます。

ダイエット日記のつけ方

ダイエット日記とは、何を書けばいいのでしょうか。
毎日持ち歩いている手帳でも、日記でも、携帯にも記録することができます。持ち運びが簡単で、手軽に書き込めるようなものを選択するといいでしょう。

具体的な記録内容ですが、大まかにでいいので、その日1日食べたものを記録します。
朝昼晩の食事以外にも、おやつや飲み物なども全て書きます。料理名をざっと書いておくだけでもこと足りますが、材料も記載しておくと役立ちます。

食習慣もダイエットでは重要な点になりますので、食事にかかった時間や何時に食べたかも大事な情報です。
食べたものの分量も書くようにしましょう。
毎日書くのがきついという人は、無理に細かく記録しようとは思わず、「茶碗1杯」など大体の分量を書いておくだけでもいいようです。

食事をした場所、食事の環境なども意外と重要な情報になります。
ながら食いやつまみ食いが浮き彫りになることもあります。誰と食事をしたか、どんな気持ちだったかなども書いておくと参考になります。
イライラしている時に過食に走ってしまうといったことがわかります。

その他には、ダイエット日記では駅まで歩いた、電車では立っていたなどの日々の行動について記録します。
体調や生活リズムについてのことも書くといいでしょう。

便秘、肩こり、お肌の状態、睡眠時間などでず。自分が今健康かどうかを知ることで、体にいいダイエットが実践できるでしょう。
ダイエット日記は、毎日つけるだけで効率的なダイエットができるようになるだけでなく、体の状態や美容にも配慮したダイエットができるようになります。

 

オススメ !
女性に人気、ローカロ雑炊ご当地シリーズ

・北海鮭の石狩鍋ぞうすい・きりたんぽ風鍋ぞうすい・牛肉の赤味噌鍋ぞうすい・京風豆乳鍋ぞうすい・ふぐ鍋ぞうすい・豚キムチ鍋ぞうすい
北は北海道から南は九州、そして韓国まで、その土地の人々に愛され食べられ続けているご当地鍋を「ローカロぞうすい」に!それぞれがその土地の味付けや食材を再現していて、飽きずに続けられる新シリーズ