ローカロ雑炊でダイエット

カロリーコントロールでダイエット成功へ

ダイエットとカロリー

ダイエットと摂取カロリーには密接な関係があります。
突きつめればダイエットとは、消費カロリーより摂取カロリーが少ない状態をしばらく保つことだからです。
体を動かし、体温を保つために使うカロリーの量が、食事で補給するカロリーより多い量であれば、脂肪は燃焼されてダイエットになるという仕組みです。
それほど簡単なものではないかもしれませんが、簡単に表現するのであればそういうものです。

 
では、低カロリーの食事を続けていれば、体重は右肩下がりに減るでしょうか。
実際のところ、食事の内容を低カロリーにしただけでは、痩せられません。

なぜ痩せないかというと、低カロリーのダイエット食品ばかりを食べたり1日に1食に減らすといった極端に食事量を減らすのはあまり良くないのです。
供給される栄養が少なくなると、体は異常事態を認識し、カロリー摂取量が少なくても体を維持しようといます。

 
カロリー消費の激しいはずの活動をしても、カロリーを使わないようにします。
カロリーをできるだけ使わず、可能な限り貯め込むような体質に、食事制限をしているとなってしまいます。
ダイエットがやりづらい体質になってしまう人もいますので、気をつけましょう。

 
ダイエットのためには、栄養の偏りにも気を使う必要があります。
ダイエットにはきちんとカロリーも摂取して、運動を普段の生活に積極的に取り入れて消費カロリーと摂取カロリーのバランスを考えることが一番重要になります。

 
 

ダイエットとカロリーの摂取について

ダイエットの時に極端な食事制限をして、摂取カロリーを抑えると太りやすい体になる可能性があるので注意が必要です。
ダイエットをやり過ぎてしまうことがないようにするには、どのくらいの摂取カロリーが適量なのでしょう。

 
人間が消費するカロリーの量は、基礎代謝の影響を受けます。年齢、性別、慎重などによっても違うので、一人一人の状況で計算してみることです。
1日当たりで必要なカロリー量は、基礎代謝をチェックすればわかります。

一度数字を出してみると、食材選びの参考になります。

 
ダイエットをしている時に、過度にカロリー制限の多い食事をしていると痩せづらくなりますし、反動でリバウンドもしやすくなります。
ダイエットをした後、リバウンドによって体重が元に戻るだけでなく、以前よりも増えてしまうこともあります。
リバウンドというのは、低カロリーの食事や極端な食事制限によるダイエットによって、短期間で痩せようとした場合におこります。

 
リバウンドは、代謝が落ちて脂肪が体内に蓄積されやすくなる状態のことを指します。
リバウンドが起きるのは、カロリーが十分に供給されないことを体が感づいた時です。リバウンドが起きやすくなるのは、ダイエットなどを目的に極端な食事制限を行った場合です

 
強引なダイエットをして体重を落とし、その後リバウンドするというサイクルを繰り返すと、ダイエットがしづらくなります。
ダイエットをして体重を減らしたいという強い願望があっても、体に負担のかかる極端なダイエットだけは避けるようにしていただきたいものです。

 
 

ダイエットと消費カロリー

ダイエットを成功させる為には、カロリーの摂取をどのように調整するのが良いのでしょうか。
ダイエットでは、筋トレで筋肉量を増やすことが大事です。筋肉の量が多いほど、基礎代謝の高いダイエット向きの体になることが可能なためです。

 
人間の体は、筋肉量が多くなるにつれて基礎代謝量も上がるため、じっとしていてもカロリーを使いやすくなります。
よりダイエット効率を高めるには、筋トレと並行して有酸素運動をしてみましょう。ウォーキング、水泳、ジョギングなどが代表的な有酸素運動です。
有酸素運動をすることで、効率的にカロリーを使うことができます。

 
運動をするのが嫌いな人や、運動によってストレスを感じる人もいるでしょう。無理せずに床や窓の掃除を手作業にしたり、階段の上り下りを増やす等してみましょう。
日々の生活の中で体を動かす機会を増やすだけでも、1日当たりで消費するカロリー量が増加します。

 
運動をしたくない人が、したくない気持ちを抑え込んでいやいやながら運動をしていると、ストレスが溜まりやすくなったり、ドカ食いの原因になる場合もあるので要注意です。
ストレス過多なダイエットは長続きしませんので、できることから1つずつ着手することがダイエットでは大事です。

 
主婦なら家事労働の時間をふやす、会社づとめならば出勤を徒歩や自転車にするなどの工夫で消費カロリー量がアップします。家事がはかどったり、交通費が浮いたり、ダイエットのためのカロリー消費だけでなく別のメリットがある事もまたうれしい一面です。

 
 

カロリーコントロールでダイエット始める

ダイエットをする場合には、日々の食生活を見直して摂取カロリーをコントロールするのが一番効果的だといわれています。
ダイエットを開始する時には、周囲の人にダイエット宣言をしてみましょう。そのほうが、カロリーのコントロールがしやすくなります。

 
状況に応じて、食べ過ぎやカロリーのとりすぎを抑えるために、食事の機会を遠慮することもあるかもしれません。
ダイエットをしていることを言って、理解を求めておけば、カロリー制限がしやすくなります。

 
ダイエットのためにカロリー摂取量を制限したいという場合、やり方を間違えた、ただカロリーを減らすだけの方法は危険です。
りんごダイエットやキャベツダイエットなど、ひとつの食品を食べ続けるダイエット方法などがあります。
一時的に体重は落ちてもリバウンドすることがほとんどです。
栄養の偏りがないよう、カロリー調整の行き届いた食事をすることで、健康にいいダイエットを着実に行うことができるようになるでしょう。

 
毎日、間食も含めて何を食べたかを書き残しておくことが、カロリー調整をしながらのダイエットのコツです。緑黄色野菜が少ない、食物繊維が少ないなど、記録を取ったことで初めてわかることもあるでしょう。
カロリーブックを見ながら、摂取カロリー量の計算をしてみることも、余裕があるならおすすめです。

 
適度な運動と合わせて上手にカロリーコントロールをすることで、ダイエットを成功させることができるでしょう。